FC2ブログ

記事一覧

明治初期南画家名簿3 「い」の部


伊草堂 ⑩ 善四郎 群馬 諸派混合
伊澤鶴年 ⑩ 九皋 花草 西京 鈴木派
伊澤●山 ⑩ 雄司 花草 東京 諸派混合
伊藤鴎外 ⑧ 28出雲国 南宗
伊藤鶴嶺 ④⑩ 儀平 山水 秋田縣 南宗
⑥伊藤儀平鶴嶺と號す羽後國雄勝郡湯澤町に住す沖田富士五郎の男なり弘化四年より學を高橋上總介に受く萬延元年より阿部鶴峯に學び其他小川庸謨乾坤舎如風大江匡邦平田延胤等に随て各種の道を學ぶ
伊藤鶴嶺 ⑧ 羽後国 南宗
⑥伊東順之助杏逸と號す尾張國名古屋區小舟町に住す伊東太逸の男にして明治元年五月生なり同十五年より畫を織田杏齋に學ぶ
伊藤郊煙 ④ 圭治郎 東京府 北宗
伊藤郊煙⑩ 圭二郎 山水 東京 北宗
⑥伊藤康太郎東岳と號す長野縣の人にして京都府下二條川東西寺町に寄留す伊藤々左衛門の男なり明治十四年より畫を安田老山に學ぶ
※伊藤老圃と同一?
伊藤耕洲④ 彌六  茨城縣 
⑥伊藤彌六耕洲と號す常陸國河内郡高田村に住す伊藤喜市の男にして嘉永五年七月生なり明治四年福島柳圃の門に入り六法を研究し同十一年關西諸國を遊歴す 
伊藤耕洲⑩ 彌六 茨城 南北合法 
伊藤松旭④⑩ 信秀 花草 東京府 北宗
伊藤深江⑩ 山水 長崎
伊藤翠雲④ 錞?次郎 愛知縣 南宗
⑥伊藤錞次郎翠雲と號す尾張國名古屋區鍋屋町に住す岩田清兵衛の男にして安政六年八月八日生なり畫を中野堯敎(號水竹)に學ぶ
伊藤翠雲⑧ 26尾張国 南宗
伊藤翠雲⑩ 錞次郎 花鳥 愛知 南宗
伊藤石峯④⑩ 小兵衛 花草 福島縣 北宗
伊藤竹軒⑧ 信濃国 南宗
伊藤楳溪⑩ 喜十郎 山水 大阪 南宗
伊藤柳洲④⑩ 和内 山水 新潟縣 南宗
⑥伊藤和内柳洲と號す越後國中蒲原郡五泉町に住す伊藤慶助の男にして文政十一年生五月なり畫を江村春睴に學び西京大阪攝津和泉岩城羽前羽後及び北陸道を遊歴す
④⑩  山水 新潟縣 南宗
伊藤老圃④⑩ 康太郎 山水 東京府 老山派 ●
伊東南谷④⑩ 茂一郎 人物 大分 北宗
伊東楳圃④ 宗作 静岡縣 南宗
伊東楳石④ 長三郎 静岡縣 南宗
⑥伊東長三郎梅石と號す遠江國敷知郡濱松菅原町に住す伊東善平の男なり嘉永元年より樋口彌右衛門(號思齋)の門に入り後山本琹谷に學ぶ
伊藤楳石⑩ 長三郎 山水 静岡 南宗
伊奈川秋嶽④⑩ 英 山水 福島 南宗
伊良子雪岳 三良衛 山水 西京 南宗
井田清太郎④ 梥壽 福井縣 北宗
井田菜壽⑩ 清太郎 花草 福井 北宗
井川豊洲⑧ 17豊後国 南宗
井澤梅陵④ 三郎兵衛 東京府 南宗
⑥井澤三郎兵衛梅陵と號す兵庫縣の人にして東京府淺草區松葉町に寄留す三宅新右衛門の男にして文化十年五月生なり畫を菅井岳助(號梅關)に學び陸奥渡島羽前上野等を遊歴す
井澤梅陵⑦ 東京浅草
井後楳雪④⑩ 哲五郎 山水 徳島縣 南宗
井爪丹岳④ 與次兵衛 和歌山縣 南北合法
井爪丹岳⑩ 與次 山水 岩山?誤植 南北合法
井筒傳治郎④ 森田金洲 大阪府 北宗
井筒金洲⑩ 傳二郎 山水 大阪 北宗
井村常山or百籟⑧ 44三河国 南宗
井上梧屋④⑩ 青梧 山水 徳島縣 南宗
井上梧丘④ 正治 福島縣 南宗
井上梧丘⑩ 正治 花鳥 福島 北宗
井上甲山④⑩ 虎次郎 山水 埼玉縣 南宗
⑥井上寅次郎甲山と號す武藏國秩父郡大宮郷に住す網野丈助の男にして天保十三年四月二十七日生なり安政四年より淺見學山に就き畫法を學び萬延元年より慶應三年迄金井研香に南派の畫法を學ぶ
井上秀石④⑩ 東雲 花草 埼玉縣 南宗
井上・春洋魚人④⑩ 不鳴 花草 徳島縣 南宗
井上石香④⑩ 自衛 山水 東京府 南宗
井上石香⑦ 東京二番町
井上竹逸④ 東京府 南宗
井上竹逸⑦ 東京下谷桜木町
井上野窓④ 來 福岡縣 南宗
井上野窓⑩ 來 山水 福島 南宗
井上蘭渓④⑩ 喜 山水 兵庫縣 南宗
⑥井上喜蘭渓と號す播磨國佐用郡櫛田村に住す井上三郎兵衛の男なり安政四年八月學を河野鉄兜に受け同五年二月畫を肥塚慎八(號南江)に學ぶ
居初雲峯⑧ 東京日本橋 南宗
⑥飯島二水員秀と號す信濃國埴科郡松代町に住す飯島敬喜(號神速軒)の男にして文政四年六月生なり幼より畫を好み谷文晁の門に入り後大西椿年に學び明治十年十一月より加藤半溪に随う
飯田・越國外史④ 博 新潟縣 南宗
飯田・越園外史⑩ 博 山水 新潟縣 南宗
飯田松坡④⑩ 新潟縣 山水 南宗
⑥飯田松坡越後國中頸城郡高田上藏町に住す天保九年十二月生なり畫を田島樵雲青木崑山の二氏に學び東西兩都二毛加越等を遊歴す
飯田稲香⑧ 18東京下谷上車坂町 南宗
飯田光峨⑦ 東京浜町
飯高九如④⑩ 為八 花草 静岡縣 南宗
飯高渓雪④ 勝彦 静岡縣 南宗
⑥飯高勝彦渓雪と號す駿河國益津郡田中町に住す飯高倫之助の養子にして天保六年六月生なり畫を榊原文翠に學ぶ
飯塚溪雪⑩ 勝彦 花草 静岡 南宗
飯塚一陽⑦ 東京本郷
⑥飯塚孫次郎香山と號す遠江國榛原郡大幡村に住す飯塚太郎(號粟谷)の男なり嘉永三年より九ヶ年間椿々山の遺墨を臨摹し福田半香山本琹谷平井三谷等に就き又渡邊小華の門に入り後曾我耐軒に随て芥子園畫傳芥舟學畫編を受く
飯野臥雲④ 既明 東京府 北宗
飯野臥雲⑩ ●(君に亢)明 花草 東京 北宗
依田友石④ 蒔多 京都府 南宗
家口醸山人④⑩ 醸 東京府 北宗 ●
家口醸山⑧ 東京麹町 南宗
五十嵐香壡?④ 麗景 新潟縣 南宗
五十嵐麗景⑩ 香壑 花草 新潟縣 南宗
五十嵐竹塢④⑩ 東京府 草花 南宗
五十川小帆④ 岩太 岐阜縣 南宗
五十嵐小帆⑩ 岩太 山水 岐阜 南宗
五十川柳洲④ 熊太 岐阜縣 南宗
五十嵐柳洲⑩ 熊太 山水 岐阜 南宗
五十川東山樵夫④ 岐阜縣 南宗
五十嵐東山樵史⑩ 準一 花鳥 岐阜 南宗
生駒柳崖④⑩ 武雄 山水 秋田縣 南宗
生井春坡④ 修齋 岐阜縣 南宗
⑥生井脩齋春坡と號す飛騨國大野郡高山町に住す生井文藏の男にして文政十一年十月八日生なり畫を日根對山に學び西京及東北諸國を遊歴す
生井春坡⑧ 56飛騨国 南宗
生井春坡⑩ 修齋 山水 岐阜 南宗
生澤杏村④ 瀧五郎(群とある) 埼玉縣 南宗
生澤杏村⑩ 瀧五郎 人物 埼玉縣 南宗
生野箕谷④⑩ 只次郎 山水 大分縣 南宗
池内蒹涯④ 美顯  南宗
池内蒹涯⑩ 美顯 山水 高知 南宗
池上榮一⑩ 山水 長野 諸派混合
池上玉江④⑩ 久助 山水 岡山縣 南宗
池島村泉④⑩ 正造 花草 長崎縣 南宗
⑥池島正造村泉と號す長崎區麹屋町に住す池島正助の男にして弘化元年七月十五日生なり畫を木下逸雲に學ぶ
池島村泉⑧ 41肥前国 南宗
池田雲濤⑩ 鴨平 水山 埼玉 南宗
池田煙崖④ 重太郎 長野縣 南宗
⑥池田重太郎煙崖と號す信濃國北佐久郡小諸町に住す池田小兵衛の男にして嘉永二年十月十七日生なり明治六年より畫を坂田鷗客に學び又清客胡銕梅に就て畫法を論究し三府兩野相模甲斐遠江三河尾張美濃及び鎮西諸州を遊歴す
池田煙崖⑧ 信濃国 南宗
池田雲崕⑩ 重太郎 山水 長野 南宗
③池田雲樵半仙と號す京都府上京區樵木町に住す池田政直の男なり畫を前田暢堂中西耕石の二氏に學ぶ大和紀伊播磨但馬近江美濃尾張三河信濃越後等を遊歴す嘗て畫を以て舊津藩藤堂家に仕へ山内家の噣に應し藤堂家所藏王建章十幅對を臨摹す後業を京師に開き明治十三年京都府畫學校出仕拝命同年九月南宗副教員拝命同十四年四月三等教員拝命同十五年内國繪畫共進會に於て褒狀を授與せられ又雲樵畫譜を著すを以て繪事著述褒狀を授與せらる
池田雲樵④ 半仙 京都府 南宗
⑤池田雲樵、京都府上京區第三十一組上樵木町、明治十七年第二回内國繪畫共進會第三區出品、銅章授賞
⑥池田雲樵半仙又鱧臍素雲と號す京都府府上京區樵木町に住す池田直政の男にして文政八年十月四日生なり年十歳畫を内海雲石に學び後前田暢堂中西耕石等に學び詩文を齋藤拙堂に學び嘗て大和播磨但馬山城紀伊美濃尾張三河越後信濃及三府を遊歴し畫を以て津藩に仕え明治十三年京都府畫學校出仕拝命同十四年同校三等教員拝命同十五年内國繪畫共進會に於て褒狀を授與せられ又京都府博覧會に於て屢賞牌を領受す
池田雲樵⑧ 60京都府 南宗
池田雲樵⑩ 半仙 山水 西京 南宗
池田鶴年④⑩ 寛造 花草 大分縣 南宗
池田湘江⑧ 29出雲国 南宗
池田紫洲⑧ 28肥後国 南宗
⑥池田真文春翬と號す播磨國美濃郡福井町に住す原文翬の男にして天保二年正月生なり畫を父に學ぶ
池田雪濤④ 鴨平 埼玉縣 南宗
池野閑曠④ 巖耀 新潟縣 南宗
池原日南⑦ 東京飯倉町 詩書画
⑥池村次郎梅江と號す東京府淺草區南元町町に住す池村唯平の男にして天保八年四月生まれなり畫を吉澤雪庵に學ぶ
諫山菽邨④⑩ 東作 花草 大分縣 南宗
石井雨霽園丹砂④ 健之助 山口縣 北宗
石井丹砂⑩ 徤之助 花草 山口 北宗
石井幸二④ 金陵 岡山縣 南宗
石井金陵⑩ 幸二 山水 岡山 南宗
石井晨山⑧ 29土佐国 南北合派
石井梅枝④ 山口縣 南北合法
石井梅技⑩ 花鳥 山口 南北合法
石井三峯④⑩ 熊吉 人物 愛媛縣 南宗
石井澹石④ 鹿吉 福岡縣 南宗
石井澹石⑩ 鹿吉 山水 福島 南宗
石井樂真⑧ 19安芸国 北宗
石尾松泉④ 源吉 大阪府 南宗
石尾松泉⑧⑩ 26大阪府 山水 南宗
石川筠谷④⑩ 利吉 花草 秋田縣 北宗
⑥石川正庸鶴陵又淡水と號す羽前國西田川郡鶴岡家中新町に住す石川圃作の男にして安政二年十月生なり初め畫を林文匡後安田老山に随い東京及び越後を遊歴す
⑥石川重道筠谷と號す羽後國南秋田郡川口上裏町に住す石川宇八郎の男にして弘化元年二月二十七日生なり畫を佐藤恭助(同じ秋田の和田翼亭の条では泰助とする)(號筠齋)に學ぶ
石川北谷④⑩ 文吉 花草 秋田縣 北宗
⑥石川熊太郎呉山と號す越中國上新川郡冨山鹿島町に住す石川長の男にして弘化元年十一月十五日生なり文久二年より畫を沙門鐵翁に學び慶應三年清國に渡航し胡公壽揚伯潤等に運筆の法を質し寧波紹興浙江杭州等を遊歴し會稽蘭亭西湖等の勝區を探り石門嘉興を經て上海淞江に至り明治三年歸朝し夫より内國諸州を漫歴す
石川熊太郎、冨山縣越中國上新川郡冨山鹿島町、明治十七年第二回内國繪畫共進會第三區出品、褒狀を授與される
石川渓鴎④ 勘蔵 函館縣 南宗
石川鴻齊⑦ 東京芝 詩書画
⑥石川定之助城山と號す下總國香取郡不馬村に住す石川傳兵衛の男にして安政二年十月生なり畫を服部波山福島柳圃の二氏に學び又嘗て經書歴史性理兵書等を修せり
石川晶齋④⑩ 田十郎 花鳥 静岡 北宗
石川竹雨④ 元造 福岡縣 南宗
石川竹雨⑩ 元造 山水 福島 南宗
⑥石川戈足柳城と號す尾張國名古屋區春日町に住す伊東耕齋の男にして弘化四年十月二十六日生なり出て石川古道の家を継ぎ明治九年以來美濃國厚見郡上加納村に寄留す曽て吉田稼雲を師とし畫法を學び稼雲死して後師に就かず屢京師に往來し日根對山中西耕石前田暢堂其他諸名家に交り山水の運筆用墨の法を錬磨し明治の初より山城大和河内攝津伊勢近江及び北越等を遊歴し復清人陳曼壽朱印然等の諸氏に接し畫を論究す
⑥石川進羅翠と號す陸前國仙台區南町通に住す石川重松の男にして文久三年五月生なり初め畫を茂庭竹泉に學び後瀧和亭に随う
石上博雲④⑩ 宗随 花鳥 福井縣 文晁派
石坂古洲⑩ 氏慣 人物 鹿児島 諸派混合
石坂徳二郎⑧    南宗
石佐錦水④ 函館縣 南宗
⑥石崎錦水と號す渡島國函館區會所町に住す越後國新潟區古町通二番町に住す石崎佐藏の男なり畫を行田泉正隆(號魁庵)に學び越後陸奥佐渡渡島を遊歴す
石崎錦水⑧ 57渡嶋国 南北合派
石田藍山④⑩ 隆助 花草 秋田縣 南宗
石田立斧④⑩ 幸作 山水 大分縣 南宗
石塚鐵楳④ 義闥 愛媛縣 南宗
石塚鉄楳⑧ 39伊予国 南宗
石塚鐵楳⑩ 義蘭 山水 愛媛 南宗
石野巖山④ 虎太郎 岡山縣 南宗
石野巖山⑩ 寅太郎 山水 岡山 南宗
石橋雪渓⑧ 42陸奥国 南宗
石原梅石⑧ 65肥後国 南宗
石原八面山人④⑩ 嘉十 花草 愛知縣 南宗
⑥石原嘉十八面山人と號す三河國幡豆郡長繩村に住す石原利雄(號廣葊)の男にして天保十四年六月生なり初畫を和田僊嶺に學び後岸連山日根對山等に學び紀伊大和伊賀に遊ぶ
石原横石④⑩ 虎三郎 花草 島根縣 南宗
石原蘭石④⑩ 山水 京都府 北宗
⑥石原蘭石泰翁面壁堂撫松園安子等の號あり京都府府下京區吉水町に住す石原教随の男にして文化七年十月二十日生なり畫貫名苞に學び山城攝津紀伊伊勢近江播磨等を遊歴し明治十五年古希以上の故を以て宮内省御用畫を命せられ賞金を下賜せられ明治十五年京都府畫學校出仕拝命
石松玉翠④ 新六郎 福岡縣 南宗
石松玉翠⑩ 新六郎 山水 福島 南宗
石丸石泉④ 三亭 東京府 山水 南宗
石丸僊舟④ 萬次郎 福岡縣 南宗
⑤石丸萬次郎、福岡縣、明治十七年第二回内國繪畫共進會繪事功勞褒狀を授與される
石丸僊舟⑩ 萬次郎 山水 福島 南宗
石本渓樵④⑩ 雪谿 花草 和歌山縣 南宗
泉 静倹⑧ 18越後国 南宗
泉 葍山⑩ 山水 大阪 南宗
⑥磯貝宗十樵谷と號す遠江國長上郡笠井村に住す磯貝米吉の男にして弘化四年三月二十二日生なり明治十三年より畫を池田雲樵に學び後小栗武十郎(號松靄)に随う
磯貝樵谷⑩ 宗十 山水 静岡 諸派混合
磯野松泉④ 七平 福岡縣 南宗
磯野松泉⑩ 七平 山水 福島 南宗
板垣銕香④ 宮城縣 南宗
板垣鐵香⑩ 山水 宮城 南宗
板倉援雲④ 清之助 島根縣 南宗
板倉援堂⑩ 清之助 花草 島根 南宗
板倉邦照④ 淺衛 大分縣 南宗
一丸李辰④⑩ 甚七 花草 大分縣 南宗
一見連城⑧ 19京都府 北宗
⑥一瀬佐介孤山と號す播磨國明石郡樽屋町に住す一瀬清八(號重玉)の男にして安政六年四月生なり明治十一年八月より畫を細谷立齋に學ぶ
市川莆逸⑧ 45遠江国 南宗
⑥市川左一郎莆逸と號す遠江國豐田郡永島村に住す市川久平(號柳和)の男にして天保四年四月生なり慶應元年より畫を小栗武右衛門(號松靄)に學ぶ
市川莆逸⑩ 左一郎 花鳥 静岡 諸派混合
⑥市橋龍太郎竹浦と號す加賀國江沼郡大聖寺法華坊に住す市橋亨の男にして安政五年五月生なり畫を東方元吉(號雙嶽)に學び師に随て能越を遊歴し後田中雪溪の門に入り四條派を學び又長田雲堂に就き南畫を學び又随て能登に遊ぶ
市原市二郎⑧ 17  南宗
市原松山④⑩ 大吉 花草 愛媛縣 南宗
市場翠蘭④⑩ シン 花草 長野縣 南宗 女
市村桑谷④ 源四郎 長野縣 南宗
市村桑石⑩ 源四郎 花鳥 長野 南宗
市山千山⑩ 山水 西京 南宗
稲岡天真⑧ 42因幡国 南宗
稲垣丘山④ 太郎 東京府 南宗 ●
稲垣太良 ⑥蘭圃と號す東京府本郷區本郷森川町に住す從五位稲垣太清の男にして安政六年六月生まれなり畫を瀧和亭に學ぶ 
稲垣蘭圃⑧ 東京本郷 南宗
稲垣丘山⑩ 太良 草花 東京 南宗 ●
⑥稲垣湛空梅花仙嶺道人又梅嶺梅仙と號す三重縣の人稲垣義空(號梅軒)の男にして天保九年十月生なり幼より畫を好み宮崎彌三郎(號青谷)に學び日根對山及び池田雲樵等に用墨運筆の要を質す
稲垣雙巌④⑩ 嵓 東京府 山水 南宗  ●
稲垣蘭圃⑧ 東京本郷 南宗
稲木拳山⑧ 49下野国 南宗
稲木淡遠・寰山④ 義傹 栃木縣 南宗
稲木淡遠⑩ 哀山 山水 栃木 南宗
稲田臥華④ 耕山 愛知縣 南宗
⑥稲田耕山臥嘉と號す三河國渥美郡東豐田村に住す稲田文笠の男にして嘉永六年十二月二十五日生なり畫を藤重凌雲渡邊小華の二氏に學ぶ
稲田耕山⑩ 臥草 花鳥 愛知縣 南宗
⑥稻葉彦六朝陽峯墨池と號す美濃國多藝郡石畑村に住す山畑與三右衛門(號拷幸室清暉)の男にして文政五年八月十一日生なり文政九年より六ヶ年間を御畫所預岸越前介岸竹駒に學び東西兩京和泉伊勢志摩尾張越前紀伊等を遊歴す
犬塚 極④ 蘭汀 山形縣 南宗
⑥犬塚極蘭汀と號す羽前國西田川郡日枝村に住す犬塚又兵衛の男にして文化十一年五月十六日生なり畫を川窪要人(號蘭涯)に學ぶ
犬塚蘭汀⑩ 極 山水 山形 南宗
犬塚松琴④⑩ 人物 熊本縣 南宗
③猪瀬東寧茨城縣の人にして東京府下谷區仲徒町に寄留す猪瀬光容の男なり嘗て京師に在て畫を日根野對山に學ぶ後東京に來り福田半香山本琹谷等の間に周旋し伊勢尾張三河伊豆武蔵上總下總常陸近江美濃信濃上野下野越後等の諸國を遊歴す明治十四年内國觀業博覧會に於て山水八曲屏風を出品し褒狀を領受し同十五年内國繪畫共進會に於て褒狀を授與せらる
猪瀬東寧④⑦⑧ 49東京下谷仲御徒町二丁目十二番地
⑥猪瀬東寧東京府下谷區仲御徒町二丁目に住す猪瀬光容(號古好)の男にして天保九年十月生なり畫を日根長(號對山)に學び後福田半香山本琹谷等に随ひ伊勢尾張三河伊豆武蔵兩總常陸近江美濃信濃兩野越後等を遊歴し明治十四年内國觀業博覧會に於て褒狀を領受す 
今井方山⑧ 讃岐国 南宗
今井梅梁 小藍⑧ 土佐国 南北合派
今井小藍⑧ 土佐国 南北
今井小藍⑩ 梅梁 山水 高知 諸派混合
今村椿園④ 信賢 東京府 山水 南宗
今井椿堂④⑩ 兵庫縣 花草 南宗
⑥今井椿堂別に●(人に●)羊山樵と號す播磨國佐用郡乃井野村の人にして多可郡中村町に寄留す三宅順治(號墨洗)の男にして今井久道(號手洗枕亭歌種)の家を繼ぐ幼より畫を好み島鵬(號琹陵)に随い六法の大要を質し明清名家の真蹟を模す嘗て區長又郡書記を勤む
今井楊州④ 彦次郎 大阪府 山水 南宗
⑥今井彦次郎楊州と號す和泉國大島郡深井村に住す今井主計の男にして弘化四年十二月十九日生なり畫を橋本雅園に學ぶ
今泉静山④⑩ 専助 人物 大分 北宗
③今尾景年京都府下京區御倉町に住す今尾仙果の男なり畫を鈴木百年に學ぶ大和丹波攝津近江等を遊歴す明治十三年京都府畫學校出仕拝命是より先同九年及同十二年同府博覧會に於いて賞狀并びに進歩銅牌を得又同十三年及同十五年同會に於いて妙技銅牌を領受し同年内國繪畫共進會に於て褒賞として銅印を授與せらる
今尾景年④⑩ 人物 京都府 北宗
⑤今尾景年、京都府下京區第三組御倉町、明治十七年第二回内國繪畫共進會第六區出品、銅章授賞
今尾三養⑩ 山水 西京 南宗
今川貳人④⑩ 徳治 山水 静岡縣 南宗
今西蓮葉④⑩ トキ 山水 徳島縣 南宗 女
今福雪樵④⑩ 元頴 神奈川縣 花草 南宗
⑥今福元頴雪樵と號す相模國高座郡中新田村に住す今福元芳(號風意)の男にして天保十五年七月十二日生なり畫を橋本素淳(號雪樵)に學ぶ
今福雪樵⑧ 43相模国 南宗
今橋半水④⑩ 自安 山水 高知縣 南宗
今村竹堤④⑩ 三十郎 山水 熊本縣 南宗
今村直峯⑩ 山水 山形 諸派混合
妹尾雲處④⑩ 利平 山水 愛媛縣 南宗
妹尾雲処⑧ 42讃岐国 南宗
妹尾春江⑩ 山水 島根 南宗
入江馬渓④ 秀吉 福岡縣 南宗
入江蘭室④⑩ 良七 兵庫縣 山水 南宗
入澤鼓洲⑧ 東京京橋 南宗
⑥入矢千代巌洲と號す岡山縣の人入矢在賢の女にして東京府神田區駿河臺東紅梅町川岸に寄留す文久三年三月生まれなり畫を瀧和亭に學ぶ
岩井王山民④⑩ 直吉 山水 高知縣 南宗
岩井静堂④ 照空 大阪府 南宗
岩井照空⑩ 静堂 山水 大阪 南宗
岩井蘭香④⑩ 京都府 人物 南宗
岩越鐵菴④⑩ 忠勝 山水 鳥取縣 南宗
岩越鉄庵⑧ 40東京四谷 南宗
岩崎鶴歸④⑩ 物部 山水 熊本縣 南宗
岩崎秋靄④⑩ 建治 山水 群馬縣 南北合法
岩崎春溪⑩ 山水 岡山 南宗
岩崎俊嶺④⑩ 安貞 山水 岡山縣 南宗
岩波松洲④⑩ 千尋 山水 長野縣 南宗
岩崎●(獣片に曳きに上点)齋④ 主馬 東京府 南宗
⑥岩崎主馬●(獣片に曳き)齋と號す東京府麻布區新網町に住す岩崎五郎八(號一舟)の男にして元治元年六月二十八日生まれなり畫を野村高明(號木風子文紹)に嘗て遠江國を遊歴す
岩崎●(獣片に曳き)齋⑥ 主馬 東京府麻布區新網町に住す。岩崎五郎八() 
岩崎●(獣片に曳き)齋⑩ 主馬 東京 
岩崎蘭香⑧ 15武蔵国入間郡川越本町 南宗
岩崎琴鶴⑧ 20東京本所 南宗
岩城龍泉⑩ 篤太郎 人物 西京 東宗
岩田閭石④⑩ 市次郎 花草 大分縣 南宗
岩田霞岳⑧ 59大阪府 山水 南宗
岩波其殘⑩ 錢二 山水 長野 諸派混合
岩間春渓⑧ 27美作国 南宗

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bokudoart

Author:bokudoart
 幼少より絵を描く事、中国や北方・中央アジアの歴史が大好きであった。大学を卒業し会社勤めのあと中国の美大で水墨人物画を専攻し美術史専攻の大学院にも進み中国の古文献読破に数年間没頭した。以来、約二十年画家・美術団体代表として活動中。中国での生活で、今後の世界における日本の果たすべき歴史的役割を明確に知った。
 1万年以上途切れることなく続いた縄文文化に根差した日本という国の文化の素晴らしさを日本人は自覚し世界にそれを広めなければならない。青学大卒、南京芸大院修