FC2ブログ

記事一覧

「物、科学、自分を神とする【唯物教】」を背景とするバイデン当選犯罪の根は深い

現代は「物、科学、自分を神とする【唯物教】」が隆起、盛行する時代である。
近現代が、人類が、大自然や大いなる見ない力を「神」として信仰する時代から、自分(我執)や見える物(代表は金銭)や知覚で捉えられる現象(代表は進化や実験結果)を「神」として信じる、「唯物教・科学教・自分教」の時代に移行した時だと、後世の人々から評されるのは間違いがない。

ソ連・中共・北鮮等による一億近い不正常死、中共の4億ともいわれる強制的堕胎死が唯物教による直接的な殺人犯罪であるだけでなく、第一次、第二次世界大戦における数千万人の死者も、「唯物教の隆起・拡張」が大きな関係がある戦争犯罪である。

バイデン当選の犯罪は、その一部
今、世界の全ての国で「唯物教」は教育、政治、経済、文化のあらゆる領域で大きな力を持ち、今もその勢力を急速に拡大し続けているのである。アメリカのバイデンが選挙犯罪で当選した後も、その地位にいられるのはそれらが背景にあるからに他ならない。
だから、それを裁き解決するには犯罪証拠だけでは全く不十分で、その動機である彼らの思想・宗教の姿を明らかにし、更には「彼らに代わる正しき思想・宗教」の明示も不可欠となる。
だから、まことにに難しいことなのだ。

「唯物教」を乗り越えなければ世界は必ず独裁ワンワールドになってしまう!
しかし、それをしなければ、世界が今の中共社会のワンワールド化となり、人類の未来がジョージ・オーウェルが『1984年』で予言した、情報の全てを管理する独裁者に全ての人々が管理され、生殺の権利を握られ奴隷となる、地獄の世界になるのは間違いがない。

今、我々のなすべきこと
我々が、以上述べたような大背景を意識し、そしてそのような未来は御免だと考えるならば、我々は、先に為すべきことを明確にし、次にその中で自分が何をできるかを考え、そしてそれを実行することが必要となる。
私は、そのカギは「日本」だと思う。
その理由の一つは、独裁ワンワールドを志向する者たち(自覚するかしないにせよ)が特に「日本」を目の敵にし、世界中の総力を挙げて大日本帝国を叩き潰し、その後も「戦争責任」「南京大虐殺」「性奴隷慰安婦」などの日本たたきの歴史を捏造し対日ヘイトを続け日本の強大化を妨げ続けていることである。
その動機とやり方と目的が正しく独裁ワンワールド志向と完全に一致している。
ということは、逆に考えるならば、それらの理不尽で不法な日本叩きこそが、日本にある「歴史」「民族性」「思想・宗教」こそが彼らの依る「唯物教」の反対概念を抱合していることの証明でもあることになる。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bokudoart

Author:bokudoart
 幼少より絵を描く事、中国や北方・中央アジアの歴史が大好きであった。大学を卒業し会社勤めのあと中国の美大で水墨人物画を専攻し美術史専攻の大学院にも進み中国の古文献読破に数年間没頭した。以来、約二十年画家・美術団体代表として活動中。中国での生活で、今後の世界における日本の果たすべき歴史的役割を明確に知った。
 1万年以上途切れることなく続いた縄文文化に根差した日本という国の文化の素晴らしさを日本人は自覚し世界にそれを広めなければならない。青学大卒、南京芸大院修