FC2ブログ

記事一覧

第18回【関東軍は12000通のユダヤ人へのビザを発給した!】日本人のユダヤ人救済の真実を知る 6

第18回【関東軍は12000通のユダヤ人へのビザを発給した!】日本人のユダヤ人救済の真実を知る 6第18回【関東軍は12000通のユダヤ人へのビザを発給した!】
シリーズ日本人のユダヤ人救済の真実を知る 6
満州国駐独大使館員である王替夫の12000通のドイツ在住ユダヤ人へのビザ発給は関東軍の指令だった!

下級外交官に過ぎない駐ドイツ満州国大使館書記官の王替夫が何故12000通もの満州国通過ビザをドイツ在住ユダヤ人に発行できたのか?
しかもそのユダヤ人のパスポートには山路章日本駐ウィーン総領事の日本通過ビザも取得されているのは何故か?。
つまりドイツの政府の要請と鮎川義介、安江大佐らの「フグ計画」や関東軍ハルピン特務機関長で大亜細亜協会理事である樋口季一郎少将らユダヤ人救済要請に、関東軍参謀長で統制派指導者である東条英機中将、関東軍司令官兼日本国駐満州国大使である植田謙吉大将が同意し、満州国国務院に諮り、満州国駐独大使館に発行させたのである。
ナチスがユダヤ人を虐殺し始めたのは第二次世界大戦が勃発した後、ソ連とも戦いはじめユダヤ人を追放する手段がなくなってからである。
その前のナチスは国外移住の受け入れを諸国に要請していたが、エビアン会議等で欧米諸国がユダヤ人の受け入れをほぼ拒否したため収容所が多数造ら収容され最後には殺害されたのである。
その過程で、事実上日本だけが唯一、まとまった人数のユダヤ人を軍の支配地域である満州国と上海に受け入れたのである。

それは、戦勝国として日本をファシストとして裁いた連合国には都合の悪い事実なので一切触れられない。
https://www.youtube.com/watch?v=5UpDTICfisU&t=11s

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bokudoart

Author:bokudoart
 幼少より絵を描く事、中国や北方・中央アジアの歴史が大好きであった。大学を卒業し会社勤めのあと中国の美大で水墨人物画を専攻し美術史専攻の大学院にも進み中国の古文献読破に数年間没頭した。以来、約二十年画家・美術団体代表として活動中。中国での生活で、今後の世界における日本の果たすべき歴史的役割を明確に知った。
 1万年以上途切れることなく続いた縄文文化に根差した日本という国の文化の素晴らしさを日本人は自覚し世界にそれを広めなければならない。青学大卒、南京芸大院修