FC2ブログ

記事一覧

松井石根大将こそが明治維新の後継者であり、アジアの志士である!

松井石根大将こそが明治維新の後継者であり、アジアの志士である!
                    o0800118113060787581.jpg
ピオ・デュランフィリピン国立大教授
アジアの大亜細亜主義者紹介①
         
 松井石根大将は、明治維新の意志を継続させ、アジア諸民族が民族自立権を獲得する「アジア維新」のために、一生涯をささげました。だから、インド、ベトナム、フィリピン、中国、満洲の救国の志士たちが、こぞって、松井大将が設立した「大亜細亜協会」に参加しました。
      フィリピンの独立の志士 ピオ・デュラン・フィリピン国立大教授の寄稿文
ピオ・デュラン教授が大亜細亜協会の月間会報『大亜細亜主義』第40号(昭和11年8月刊)に「大亜細亜主義運動と比律賓」
と題して寄稿した文を見れば、当時のアジ諸民族の日本への期待が明確に分かります。
以下は抄録です。
「大亜細亜主義は文明と共に古いものである。‥‥。 粗笨なる西洋物質主義の代弁者は、‥‥、是を葬り去らんとして来たのである。然るに二十世紀初頭に於て大和民族の子孫は、全人類を驚倒させる最大の犠牲に於て、西欧侵略の昂潮を阻止したのである‥‥。
 大亜細亜主義の精神が攻勢を見たるは、1905年満洲の広野に於てであった。また1905年5月27日午前三笠艦橋上に東郷提督の「皇国の興廃は此一戦にあり」の信号が掲げられたときは全亜細亜の運命が此の一戦に懸かっている事を亜細亜人は知っていたのである。若し此の一戦に於て東郷提督が敗れたならば、大亜細亜主義は恐らく此の地球上より完全に跡を絶ったであろうと思はれるのである。
 故に大亜細亜主義運動が新生命を持つに至ったのは日本人の犠牲に由るものだと言えるのである。随ってまた今日東洋に於て最も進歩し、また最も強大なる日本が大亜細亜主義運動を指導することは極めて当然であり、また最も適当な事である
 今や比律賓が東亜の独立国足らんとする時にあたり、我比律賓に於ても大アジア運動促進の為に比律賓大亜細亜協会を創立するに至ったのである。我々は日本の指導者の援助により、東亜の最も新しき国比律賓が現に猶ほ西欧の支配‥‥」
ビオ・デュラン

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bokudoart

Author:bokudoart
 幼少より絵を描く事、中国や北方・中央アジアの歴史が大好きであった。大学を卒業し会社勤めのあと中国の美大で水墨人物画を専攻し美術史専攻の大学院にも進み中国の古文献読破に数年間没頭した。以来、約二十年画家・美術団体代表として活動中。中国での生活で、今後の世界における日本の果たすべき歴史的役割を明確に知った。
 1万年以上途切れることなく続いた縄文文化に根差した日本という国の文化の素晴らしさを日本人は自覚し世界にそれを広めなければならない。青学大卒、南京芸大院修