FC2ブログ

記事一覧

来年からは6月4日は新しい「中国連邦国」の建国記念日となる

来年からは6月4日は新しい「中国連邦国」の建国記念日となる
いまだに、「米中経済対立」だと思っている方に見ていただきたいので、以下に昨日の郭文貴の放送の邦訳を載せます。
「ポンぺオの6,4天安門事件記念演説は素晴らしいものであった。あの日天安門で共産党に殺された全ての人は全て英雄だと言ったのである。私は本当に感動した。アメリカ政府が初めて天安門事件が「大虐殺」であったことを宣言してくれたのである。ポンぺオは、あらかじめ用意された原稿を、更に激しく中共を責める内容に自ら書き換えたらしい。今や、ワシントン、ニューヨークの政界、メディア界、経済界のどこでも反共の者で一杯になった。親共産党の者の居場所はなくなり排除されてしまう。私が暴露革命を始めた二年前には考えもつかなかったし、半年前でも全く状況は違っていた。
その頃は私の講演は中共の圧力で取り消され、弁護士の事務所の500台のパソコンの全てがハッカー攻撃で使用不能になり、誰も私の言うことに耳をかたむけず、私は孤軍奮闘であった。しかし今は全く違うのだ。目の前に見えるホワイトハウス(公園を隔てて数百メートル)でもどこでも皆、同じ考えなのだ。
昨日の夜半、金融界の大物たちが来て香港の状況がどうなるかを聞いてきた。私は「6月9日以降、香港ドルはどんどん暴落して行きつくまで行くだろう。人民元もそれと共に暴落するだろう。正に大暴落だ。」と答えた。
昨日は友達と最後の6,4学生虐殺を追悼記念しての食事会をした。来年からは6月4日は新しい「中国連邦国」の建国記念日となるのだ。
アメリカでは私は「共産党の撲滅者郭文貴」と呼ばれている。皆さんもそう呼んでくれると嬉しいな。
また、昨日の昼は、中共中央の指示で私を攻撃している在米の偽民主活動家たちを、私が訴えているた裁判に出廷した。その前に向こうは、負けを認め1ドル払うから調停にしてくれと言ってきた。ネットで偉そうにしているのとは違いとてもかわいそうな様子で謝ってきた。しかし、私は断固ととして断った。それは、いかに中共が卑怯な手段で、国内、国外で人を脅迫して、自分の手先にかえて使うかを、法廷で世界中に対して明らかにするためである。
一日の内に自家用ジェットに10人乗せ移動し、昼は裁判所で最低人格の奴らと数時間話をし、夜は最高人格の同志たちと共産党を滅ぼすための話し合いをする。このような生活に、私は大変満足している。とても幸せで充実している。
今、幾つかの国が香港の政府関係者を調査している。香港のいくつかの企業が制裁されるだろう。
その他の重要な事だが、王健氏の謀殺事件についてだが、やっとアメリカの司法部門が動き出した。王氏がどのようにして死んだか、彼の金は何処に行ったか、必ず明らかになる。王氏の奥さん。司法部門が行きますよ。
今日はここまで、全ては始まったばかり。」
以上です。
https://www.youtube.com/watch?v=E0lcdailVfg&feature=share

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bokudoart

Author:bokudoart
 幼少より絵を描く事、中国や北方・中央アジアの歴史が大好きであった。大学を卒業し会社勤めのあと中国の美大で水墨人物画を専攻し美術史専攻の大学院にも進み中国の古文献読破に数年間没頭した。以来、約二十年画家・美術団体代表として活動中。中国での生活で、今後の世界における日本の果たすべき歴史的役割を明確に知った。
 1万年以上途切れることなく続いた縄文文化に根差した日本という国の文化の素晴らしさを日本人は自覚し世界にそれを広めなければならない。青学大卒、南京芸大院修