FC2ブログ

記事一覧

朝鮮半島の先住民は縄文人

現代日本語(沖縄方言を含む)の祖語は縄文語(の主流語)と考えられます。
 氷河期時代が終わり海面が上昇し東シナ海・黄海・渤海が海中に沈み所謂朝鮮半島が出来た当時、そこに最初に住んでいたのは日本列島と同じ縄文人で縄文人でした。
 続いて山東半島、淮河・揚子江下流部・渤海湾西岸、東北平原、沿海州などから様々な民族が東遷、南遷をくり返したので、縄文人を半島南端に追いやられましたが紀元前後ころには倭人(縄文人の裔、所謂弥生人)として厳然として勢力をもっていました。
 中国の史書に半島南部の倭人の記載があることや、新羅建国時の三系統の王の一つが倭人で、記紀の任那記事、好太王碑文、縄文弥生土器出土、前方後円墳、古代半島の地名人名、他様々が半島南部が倭人(縄文人の裔、所謂弥生人)の勢力下にあったことの証明が、ありすぎるほどあるので間違いがありません。
 そして、4世紀前半に漢民族の朝鮮半島支配が終了すると同時に、それまで漢人帝国に遠慮していた半島の南北の二大勢力が高句麗と倭(大和)が、半島の主導権をかけて新羅・百済などを属国として従えながら激しく戦ったのは上記の経緯の延長線上にある当然のことであったのです。
 その間小国新羅は、大国の高句麗、日本(倭=大和)の間をずる賢く立ち回り国力を増強し続け、7世紀に全ての民族を裏切り、唐と結び高句麗、百済を滅ぼし、日本の勢力を半島から完全に駆逐したのです。
 ですから、今では半島の縄文人は完全に征服・排除されたので現在の朝鮮人の男系Y染色体に縄文系はほぼ無いが、母系ミトコンドリアには縄文系が多く残り、朝鮮語に日本語に似たところがあるのも当然なのです。
 従って、沖縄に朝鮮人が来るのは、侵略し最終的に沖縄人(=日本人)を沖縄から駆逐する流れなのです。
 それは彼等の遺伝子レベルの方向性なので彼等にとりごく自然なのです。
 同じく中国人が沖縄に来るのも、沖縄人絶滅、民族浄化の遠望を、彼らが意識するしないに関わらず持っています。ですから彼らは今でさえ「【沖縄】など存在しない。【琉球】があるだけだ!」などと平気で言うのです。
https://www.youtube.com/watch?v=G8MJn2B6nyU

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bokudoart

Author:bokudoart
 幼少より絵を描く事、中国や北方・中央アジアの歴史が大好きであった。大学を卒業し会社勤めのあと中国の美大で水墨人物画を専攻し美術史専攻の大学院にも進み中国の古文献読破に数年間没頭した。以来、約二十年画家・美術団体代表として活動中。中国での生活で、今後の世界における日本の果たすべき歴史的役割を明確に知った。
 1万年以上途切れることなく続いた縄文文化に根差した日本という国の文化の素晴らしさを日本人は自覚し世界にそれを広めなければならない。青学大卒、南京芸大院修