FC2ブログ

記事一覧

玉川氏の発言には、ファシストや共産主義者特有の文化弾圧、言論封殺の匂いがして恐怖さえ感じる。

玉川氏の発言には、ファシストや共産主義者特有の文化弾圧、言論封殺の匂いがして恐怖さえ感じる。
「学生服とセーラー服は軍事由来だから問題だ」と言うが、「制服制度」「詰襟学生服」「軍事由来」が全部ごちゃまぜだ。
【詰襟が問題なら】
●「詰襟」が気に入らないだとすると、玉川氏の来ているスーツ自体が、左襟にボタン穴の名残があるように、胸元を開けた詰襟服の変型判に過ぎないから滑稽だ。
●先ず「詰襟」と「軍服」とは連関性はほぼない。 
寒冷な北方に住むユーラシア大陸東端のツングース、モンゴル人から欧州の白人に至るまでの人類は防寒の為に、石器時代から、詰襟、筒袖の毛皮や綿・麻の衣服を着ていた。
●例えばチーパオ(旗袍)は、今では中国女性の民族服とされていいるが、もともとは旗人(満洲・モンゴル人)の着る詰襟・筒袖の衣服と言う意味しかなかった。
漢民族は日本の着物・羽織袴と同じものを着ていたが北方民族に占領され強制的に切るようになっただけだ。
●ロシアや中央アジアの民族衣装も皆同系統の詰襟、筒袖である。
●近代以降、西欧先進国では詰襟服が、郵便局員、官僚、軍人、警察官、教員、生徒の制服として着用された。それが維新後の日本に西欧文化の一環として移入されただけである。
【セーラー服は当時の西欧の良家の子女の服】
●西欧の王家・貴族の子女でセイラ―服が流行したので、日本のお嬢様養成を目指した私立女子学校が相次いでセイラ―制服を採用した。
●今では、日本のセイラ―服文化が世界に、「可愛い文化」の象徴として広まっており、そこには軍国主義など影も形も存在していない。
【軍事起源が問題なら】
【ネクタイは軍事起源】
●クロアチアの兵士がフランスを訪れた際、首に巻いていたスカーフをフランス国王が気に入ったのが起源だという説が定説。
【その他にも軍事起源のもの】
ダブルブレザー、ピーコート、トレンチコート、缶詰、リュックサック、etc.etcできりがない。兵器でない文化用品を軍事由来だなどとするのは病的だと言わざるを得ない。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bokudoart

Author:bokudoart
 幼少より絵を描く事、中国や北方・中央アジアの歴史が大好きであった。大学を卒業し会社勤めのあと中国の美大で水墨人物画を専攻し美術史専攻の大学院にも進み中国の古文献読破に数年間没頭した。以来、約二十年画家・美術団体代表として活動中。中国での生活で、今後の世界における日本の果たすべき歴史的役割を明確に知った。
 1万年以上途切れることなく続いた縄文文化に根差した日本という国の文化の素晴らしさを日本人は自覚し世界にそれを広めなければならない。青学大卒、南京芸大院修